全周回転式(全旋回)オールケーシング工法

概要

全周回転するケーシングの先端に取り付けたケーシングビットで削孔を行う「オールケーシング工法」です。N値の高い硬土質層、転石層、玉石層、岩盤、鉄筋コンクリートなどの掘削施工を高能率で行います。バランスのよい押込み力と高精度の鉛直性で、大口径・大深度施工も容易にこなします。

特長
  • ハンマーグラブ、バケットなど、周辺環境や地盤の条件に応じた掘削用アタッチメントが選択できる。
  • 低振動かつ低騒音での施工が可能。
  • 鉛直精度が高く、施工性にすぐれるため、障害撤去、杭施工ともに経済的かつ能率的な施工ができる。
  • 狭小な現場や敷地コーナー部での施工も容易に行える。

場所打杭 大口径・大深度掘削が可能

  • 掘削機φ3000型の施工

  • 掘削機φ2600型の施工

  • 掘削機φ2000型の施工

複数機による施工

システム図・作業手順

システム図・作業手順

鉄塔の近接地や高圧電線下の工事現場、高架下の工事現場あるいは工場内での施工など、上空に制限のある施工に対応できる≪ 低空間施工タイプ ≫もあります。コンパクトな機体で取り回しがよく、高さ制限のある狭小な現場での施工に威力を発揮します。

  • 桁下6.5mの施工

  • RT-150LU(低空仕様型)

  • 全周回転式オールケーシング工法(低空間タイプ)

転石、岩盤切削

一軸圧縮強度200N/mm2以上の転石、岩盤も切削可能。

海上工事

杭打ち台船に装備されることにより、全周回転ケーシング工法は港湾工事にも適応できます。護岸堤の築造工事や地中障害物撤去工事など、広範な水上・海上工事に施工実績を挙げています。

▲ TOP