揺動式オールケーシング工法(ベノト工法)

概要

ケーシングチューブを揺動圧入し、孔壁の崩壊を防止しながら、ハンマーグラブで孔内の土砂を排出しながら、所定の深度まで掘削し、コンクリート打設を行う工法です。掘削中は、ボイリングやヒービング防止のため、注水を行うなど水位を一定に保つようにします。

特長
  • 杭径を幅広く選択できる。
  • 鉛直精度のよい施工ができる。
  • 土質に幅広く適応できる。
  • 所定地盤に達したかどうかの確認が容易にできる。
  • 泥水や特殊液を排出しないので、公害の心配がない。
  • 低振動・低騒音で市街地掘削も可能。

ベノト機を使用しハンマー掘りで対応

特殊仕様による低空頭施工

スイングジャッキ使用によるオールケーシング工法

アースドリルを中掘に使用するベノアースドリル工法

▲ TOP