アースドリル工法

概要

孔壁保護にケーシングを使わず、表層部にのみ、ケーシングを建て込み、ロッドの先端にドリリングバケットを取りつけたものを回転させることにより、上方に巻き上げ排出しながら削孔する方法です。ベントナイトを主体とする安定液で作成される止水壁と比重による地下水との水頭差により、孔壁の保護を行います。

特長
  • 土質によっては素掘りできる。
  • 低振動・低騒音で施工できる。
  • 狭い範囲でも施工でき、移動も容易である。
  • 杭径が100mmピッチで自由に選択できる。
  • 崩壊性のある地層では、オールケーシング工法と併用して掘削することができる。
  • 大型掘削機による施工状況

  • 中型掘削機による施工状況

  • 阪神大震災も低空頭改造型で施工

▲ TOP