GSB工法オールケーシング拡底杭工法
評定番号:BCJ評定-FD0309-02

概要

GSB工法における拡底掘削機は、あらゆる全周回転掘削機に対応する事ができ、軸部径+200mmから1000mmの拡底径を、拡底施工径の範囲とします。拡底掘削を行うGSBバケットは、三和機工株式会社を製造元とし、その仕様は、株式会社コトブキ産業によるものです。

特長
  • ケーシング内面に掘削反力を取りながらケーシングの掘削トルクを使ってGSBバケットから伸長したアームが掘削します。
  • いままでアースドリルでは掘削できなかった軟岩支持層をこれ1台で施工が可能です。
  • 自立性の高い支持層の場合では、安定液を使わず施工できるので、産廃処理費が大きく削減できます。
  • 軸部掘削時に弊社のBKFハンマーを使うことで、杭施工全体が低振動・低騒音で施工することができます。

GSBバスケットによる拡底掘削方法

軸部径
D1(mm)
立上高
H2(mm)
有効拡底径 D2(mm)
1600 1700 1800 1900 2000 2100 2200 2300 2400 2500 2600 2700 2800 2900
1500 500以上 1.14 1.28 1.44 1.6 1.78 1.96 2.15 2.35 2.56 - - - - -
1600 500以上 - 1.13 1.27 1.41 1.56 1.72 1.89 2.07 2.25 2.44 - - - -
1800 500以上 - - - 1.11 1.24 1.36 1.49 1.63 1.78 1.93 2.09 2.25 - -
2000 500以上 - - - - - 1.1 1.21 1.32 1.44 1.56 1.69 1.82 1.96 2.1
拡底施工径 D3(mm) 1700 1800 1900 2000 2100 2200 2300 2400 2500 2600 2700 2800 2900 3000

(注) 拡底率(r)は有効拡底径における断面積を軸部径における断面積で除した値とする。

GSBバスケットによる拡底掘削方法

GSB工法のフロー図

▲ TOP