一般住宅・小規模建築用基礎工事

地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)

概要

当該地の地盤が建物に有害な不等沈下の可能性がないか、地盤の強度や土質を知るためには、設計前の調査として地質調査が必須です。地盤の状況によっては、地盤の改良や障害物の除去、基礎の補強が必要となる場合があるからです。

特長
  • 住宅地盤の調査では、最も普及している試験方法です。
  • 先端に円錐型のスクリューを取り付け、100kgの荷重で回転貫入を行い、土の硬軟・しまりの程度を判断します。
  • 試験機器には、手動式、油圧自動機械式、電動式があります。

地盤改良工事

表層工法
概要

一般的に住宅地における軟弱地盤は、盛土部分の転圧不足や締固め不足によるものが多く、あるいは盛土材の土質が不適切であったり、転石・砕石・瓦礫等が埋められている場合も見受けられます。このような軟弱地盤の表層における改良方法として、ある一定の深さを固結化し、載荷重に耐えうる一種の浮き地盤として改良する工法です。
軟弱な土質にセメント系固化材を強制混合・撹拌して転圧を行い、改良材の持つ水和性・硬化反応を利用して土質の安定処理を行います。

柱状改良(乾式工法)ソイルコラム
概要

セメント系乾式工法は、小型又は中型のアースオーガーによって削孔した孔内に掘削土とセメント系地盤改良固化材混合土を埋戻し、オーガーを逆転させることによって締固め、柱状の改良体を所定の位置に造成することにより、地盤を補強改良する工法です。

特長
  • 水が不要で作業環境が良好に保てます。
  • 排土がなく、残土処理の必要がありません。
  • 強固な支持力で基礎地盤の補強に最適です。
  • 固化材を使用するので、止水性が高く土留連続壁にも適しています。

小口径鋼管杭工法

概要

地耐力の不足している地盤に基礎杭を施工して、建築構造物の沈下を未然に防ぎます。 杭材には、小口径(Φ101.6〜300mm程度)の一般構造用炭素鋼鋼管または配管用炭素鋼鋼管を用いて、地盤条件に応じた杭径・杭長の選択が可能です。
打込み・埋設方式としては、回転圧入方式が多く採用されています。また、重機の進入が不可能な現場では、小型機での打ち込みも行えます。

特長
  • 杭材が強い打込力に耐えられるので、多少の地中障害物は排除・貫通し、所定の支持層まで達することができます。
  • 鋼管杭の軸方向圧縮応力が大きいので、大きな支持力を得ることができます。
  • 溶接による継ぎ足しや、レーザーやガス溶断による切取りができるので、杭長の変化に容易に対応ができ、信頼性の高い施工ができます。
  • 杭頭部の鉄筋溶接や差し筋、基礎コンクリートへの抱込み、溶接結合など、上部構造体とのジョイントが容易にできます。
  • 杭の断面積が小さいので打ち込み効率がよく、排土量が少ないので、隣接施工や密集施工が可能です。粘性地盤においては杭周辺の撹乱作用が低減されます。
  • 小さい面積に大荷重が作用する構造体の基礎杭に効果的です。
  • フーチング基礎地盤に所定の間隔か、あるいは全面に配置し、荷重を支持地盤に伝えます。(栗石コンクリートの代替)

  • 基準布基礎でOK!(ベタ基礎、幅広基礎にも対応可能です)

▲ TOP