MPD-TMX工法

概要

従来の100t超級のベースマシンではなく、コンパクトな0.45m3ユンボベースを使用するため、省スペース化、機敏性のアップ、作業効率の向上を実現しました。自在方向の掘削角度が選べるため、狭隘地での地中連続壁の掘削が可能です。

特長
  • テレスコ式伸縮リーダーの採用にて、4mまでの空頭制限下で施工が可能です。
  • 回転水平多軸カッターの採用により粘性土から硬質地盤まで適用が可能です。
  • 掘削機の構造を極限まで省力化しているため、メンテナンスの作業効率も向上しています。
  • 最大吊り能力16tのウィンチ搭載により、鉄筋籠建て込みが可能です。
  • 水中ポンプ搭載により高所からの作業が可能です。

芯材建て込み状況

安定液プラント

礫・玉石層の掘削も可能

全断面掘削可能なカッター

■ 仕様

回転数
0〜16rpm(low) / 0〜32rpm(low)
トルク
6500kg-m
刃先力
10800kg
オイルモーター容量
2003cc/rev/2SET
カッター必要油量
320L/min/23ET
カッター油圧力
400kg/cm2(450kg/cm2)
カッター動力
210kW/400k
連続壁厚
650〜1000mm
最大掘削深度
70m

■ 標準施工・またぎ施工

■ 施工手順

▲ TOP