リバース工法

概要

孔壁保護にケーシングやベントナイト等の安定液を使用せず、水の静水圧で孔壁を保持し、ノーケーシングにより掘削する工法です。ロータリーテーブルを回転し、先端に取りつけたドリルビットにより掘削された土砂は、渦巻ポンプまたは水中ポンプで循環送泥し、土砂と水を吸い上げ、これを孔外へ排出し、水を再循環させます。いわゆる逆循環工法であることから、リバースサーキュレーションドリル工法と呼ばれます。

特長
  • 特に大口径・大深度施工に最適である。
  • 低騒音で低振動のため、市街地工事にも適応できる。
  • サクションポンプによる施工時で60〜70m、エアリフト方式を採用することで100m以上の大深度掘削も可能。
  • 振動や衝撃が少ないため、支持層を乱さない。
  • ローラビットを使用すれば、岩盤掘削も行える。

▲ TOP