スーパードリル工法

概要

切削力が強く、地盤に適した「削孔ツール」との組み合わせにより、高い作業効率が得られます。玉石・岩盤など硬質地盤の削孔や既存杭の撤去、鉄筋コンクリート地下構造物撤去も容易に行えます。また、切削物によっては全旋回ジャッキとの併用が行え、削孔能力を向上させることができます。

特長
  • 各種の削孔ツール、アタッチメントの組み合わせにより、ロータリーボーリングが行え、硬岩層の削孔が行える。
  • マストの垂直コントロールが容易に行え、また深度計を装備しているため、削孔深度の管理ができるなど、正確な施工が行える。
  • ケーシングの押し込み・引抜きがロータリーヘッドまたは揺動機によって行われる。
  • 油圧方式の駆動により、丈夫で摩耗に強く、操作性にすぐれている。
  • スラスターストロークが5.0mあり、高精度・高能率の作業が行える。

■ 各種アタッチメント

▲ TOP